スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が鎮守府の戦力について -艦隊戦力分析編-

さて、今回の冬イベントでは我が鎮守府の戦力に問題があることが露呈しました。
その問題とは、艦隊戦力の薄さです。

連合艦隊を組む場合、第一艦隊に6隻、第二艦隊に6隻の計12隻が必要です。
さらに支援艦隊を出す場合、前衛支援に6隻、艦隊決戦支援に6隻の計12隻、連合艦隊と支援艦隊を合わせれば24隻と、かなりの数の艦娘が必要となります。

我が鎮守府の戦力分析
単純にレベルだけで見てみると、レベル70以上が9隻、レベル60~69が12隻、レベル50~59が8隻と、計29隻います。
これだけ見れば「おっ、足りとるやないか」と思うかもしれませんが、実際には艦種が偏っているため不足が出ます。

それでは、上記レベルの艦種を分析してみましょう。
 ・高速戦艦 : 4隻
 ・航空戦艦 : 1隻
 ・正規空母 : 4隻
 ・軽空母 : 2隻
 ・重巡洋艦 : 6隻
 ・航空巡洋艦 : 2隻
 ・重雷装艦 : 2隻
 ・軽巡洋艦 : 2隻
 ・駆逐艦 : 5隻
 ・潜水艦 : 1隻

次に、連合艦隊&支援艦隊に必要な艦種を分析してみましょう。
今回は水上打撃部隊かつルート固定のための艦種縛りがなく、一番パフォーマンスが発揮できると思われる組み合わせの一例を考えます。
 ・連合艦隊第一部隊 : 戦艦・高速戦艦・航空戦艦4隻、重巡洋艦・航空巡洋艦1隻、正規空母1隻
 ・連合艦隊第二部隊 : 重巡洋艦・航空巡洋艦または戦艦Bismarck(ビスマルク)1隻、重雷装艦2隻、
軽巡洋艦1隻、駆逐艦2隻
 ・支援艦隊 : 戦艦・高速戦艦・航空戦艦2隻、正規空母2隻、駆逐艦2隻

以上の艦隊を合計すると以下のようになります。
 ・戦艦・高速戦艦・航空戦艦 : 8隻
 ・正規空母 : 5隻
 ・重巡洋艦・航空巡洋艦 : 2隻 (内戦艦ビス子1隻可)
 ・重雷装艦 : 2隻
 ・軽巡洋艦 : 1隻
 ・駆逐艦 : 6隻

我が鎮守府の戦力と比較すると……足りていませんね。
実際には戦艦の代わりに重巡洋艦を入れたり、正規空母の代わりに軽空母を入れたりすることが可能なため、もう少し融通が効きます。
しかし、ルート固定のため潜水艦や工作艦・揚陸艦を入れたり、重雷装艦を外したり、等が必要な場合があり、更には入居や疲労回復のためのローテーションを組むことを考えると、幅広い艦種の戦力を複数保持しておく必要があります。

我が鎮守府の不足戦力
前項で不足艦種を把握することができました。次は具体的な不足分を考察していきましょう。

1,戦艦
我が鎮守府には金剛型4姉妹がいます。第一艦隊の戦艦枠はこの4隻で埋められます。
さらに航空戦艦山城もいるため、ローテーション要因も1隻確保しています。
しかし、支援艦隊の戦艦4隻が足りません。山城も支援艦隊に入ってもらうとしても3隻足りません。

育成候補としては、大和、武蔵、長門、陸奥、扶桑、ビス子、が上げられますが、残念ながら我が鎮守府には大和と武蔵とビスマ子は在籍していません。そのため長門、陸奥、扶桑を育てれば戦艦は必要数を満たすことになります。
戦艦全13隻中8隻(ビス子を第二艦隊に入れると9隻)必要となるため、戦艦の8割は育成しないといけないことになります。戦艦の重要性が垣間見えますね。

さて、ここではビス子のみ例外で第二艦隊入りを可能としています。第二艦隊は高速戦艦のみ編成することが可能です。しかし第二艦隊は夜戦前提のため、夜戦戦力が心もとない金剛型は候補から外れます。その点、ビス子は戦艦唯一雷装値があり、夜戦火力が期待できるため、第二艦隊の候補として考えられます。

2,正規空母
我が鎮守部には、一航戦、五航戦の4隻がいます。しかし1隻足りません。
育成候補としては、大鳳、蒼龍、飛龍、雲龍、天城、の5隻が上げられます。この中から1隻育てれば良いでしょう。燃費を取るか強さを取るかのトレードオフですね。大鳳は装甲空母ですが、ほぼ正規空母と考えて問題無いと思います。

3,重巡洋艦・航空巡洋艦
我が鎮守府には、妙高4姉妹、高雄愛宕、もがみん、熊野がいます。計8隻おり、十分揃っています。重巡6、航巡2とバランスも良いですね。一番戦力が厚い層です。

4,重雷装艦
我が鎮守府には、北上さまと大井っちがおいでましましています。崇め奉りたまえ。

5,軽巡洋艦
我が鎮守府には、神通・川内がいます。必要軽巡1隻+ローテーション要員1隻がいます。

6駆逐艦
我が鎮守府には、しぐにゃん、ぽいぽい、電雷、ぜかましの5隻がいるのです。1隻足りないのです。
育成候補としては、吹雪、綾波、初霜、雪風、天津風、秋月が上げられるのです。この中から1隻選ぶと良いと思うのです。しかし私は全員育てるのです。(しかし秋月はいないのです……)

上記不足戦力に鑑みると、戦艦以外は意外と戦力が揃っているではないかと思いますが、そうは問屋が卸しません。

想定外の戦力
前項では想定していない状況がいくつかあります。それについて考察していきましょう。

1,軽空母
前項の分析では必要軽空母0隻となっており、あれ?軽空母っていらない子?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
第一艦隊に正規空母の代わりに軽空母2隻を入れたり、支援艦隊の空母4隻を、コストパフォーマンスを重視して軽空母4隻に変えたり、ということがあります。そのため軽空母6隻は育てておきたいですね。

我が鎮守府の軽空母はちとちよがいます。4隻足りませんね。全然足りません。
育成候補としては、龍驤、飛鷹、準鷹、瑞鳳、が上げられます。全部育てて丁度6隻です。

2,潜水艦
潜水艦は、ルート固定や駆逐、軽巡、雷巡のヘイトを受ける役など、出番は多々あります。先制雷撃で小さい獲物を落としてくれたりもするのでなにかと頼りになるので1隻は育てておいた方が良いでしょう。
我が鎮守府にはオリョールで鍛えたゴーヤがいます。彼女は運も高く夜戦で魚雷カットインも狙えるため、十分戦力としてカウントすることは可能でち。

3,高速戦艦
高速戦艦はルート固定で速力指定される場合があるので、育てておいて損はないです。しかし我が鎮守府は金剛4姉妹で十分足りています。(ビス子は在籍していません)

4,航空戦艦・航空巡洋艦
航空戦艦・航空巡洋艦もルート固定に必要となる場合があります。そのため各2隻は育てておいがほうが良いでしょう。
我が鎮守府では航空戦艦が1隻足りません。扶桑を育てると良いのですが、さらに言うと山城も改であり改ニではありません。そのため改装設計図が2枚必要です。しかし持っていません。不幸だわ……。

5,軽巡洋艦・駆逐艦
軽巡洋艦・駆逐艦は、第二艦隊に雷巡が入れられない場合の補充要員として編成に入る可能性があるのです。また、連合艦隊以外のマップでのルート固定に軽い艦種が必要になる場合もあるので、追加でもう2~3隻は育てておいた方が良いのです。

6,その他艦種
その他艦種には揚陸艦、工作艦、練習巡洋艦などがあります。これらの艦娘はステータス自体は高くありませんが、イベントでルート固定要員になる場合が稀によくあるので、育てておくに越したことはありません。
特に揚陸艦あきつ丸は烈風拳という強力な飛び道具攻撃があり、耐久の高い敵艦をガリっと削ってくれる場合があるので魅力的であります。(ダメージが極端に低い場合は割合ダメージが入るので、耐久の非常に高い敵に有効)

今後の方針
不足している艦種を育てる。この一言に尽きます。
イベントでは特定の艦娘がいると有利になる(ルート固定に特定の艦娘が必要となる)場合がありますが、こればかりは史実に詳しくでもない限り予想は難しいので考えないことにします。
現状、連合艦隊&支援艦隊が一番編成数の多い場合なので、これに対応しておけば当面は問題無いと思います。後は好きな艦娘を育てるなり、欲しい装備を目指すなり、で戦力の増強を図って行きます。


↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング
[ 2015/03/04 00:30 ] 艦これ日記 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。