スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雷鳥工廠 - 駆逐艦 島風 編 - その1

島風、建造開始します!

ということで、1/700ウォーターライン島風の作成を開始しました。

さっそく箱から中身を取り出します。
並べてみるとこんな感じ。

駆逐艦島風_パーツ

こう見るとパーツは意外と少ない気がしてきますね。
しかし、それは幻想です。

説明書はこんな感じ。

駆逐艦島風_取扱説明書

細かいですね。

ざっくり言うと、一番上のパーツ1~5を作って、それを組み上げれば完成!です。

簡単ですね。(簡単とは言っていない)

とりあえず、情報収集です。
塗装もするので、塗りと組みの順番を調べます。

基本的には、
細かいパーツを組む → 各パーツに色を塗る → 全体を組む
の順番のようです。
今回のぜかましの場合は、先にパーツ1~5を組んで、そこから塗装です。

と、その通りに作ればよかったのですが、調べている時に「塗装は乾くまで待とう!」と書いてあったのを見て「先に塗装しておけば待つ時間にパーツ組んで効率的じゃないか?」などと思ってしまいました。

ということで、船体を先に塗ります。
でかいパーツなので、乾燥に時間がかかるから先にやってしまおう!という魂胆です。

塗装は筆塗りです。
塗装色は軍艦色とウッドブラウン。
基本は軍艦色で、リノリウム甲板という部分をウッドブラウンで塗ります。

ぜかましは箱の裏に塗装箇所が書いてあるのですが、リノリウム甲板は書いてありません。
なのでgoogle先生に聞いて大体の目星を付けました。

まずは全体を軍艦色でペタペタ塗ります。
リノリウム甲板の部分は少しはみ出すくらいでぬりました。
嘘です。何も考えずに全部塗っちゃいました。

……しばし待つ。
その間に細かいパーツを作ります。

乾いたら、リノリウム甲板の外をマスキングします。
そして甲板をウッドブラウンでペタペタ塗ります。
重ね塗りになってしまったので、にじんでしまうかなと思ったのですが、意外と大丈夫でした。

……しばし待つ。
その間に細かいry

するとこうなります。

駆逐艦島風_船体塗装

ま、まぁ、初心者にしては上出来じゃないかな。
マスキングが浮いてきたり、その隙間に塗料が入ってきたり、テープ剥がすのが早すぎて塗料がベロンとなったりと、トラブルがありましたが強引に修正しました。力こそパワー!

そして乾燥の合間に作った各パーツがこちら。

駆逐艦島風_各パーツ組み立て

小さいです。左3つが主砲ですが、そのサイズが1cmちょっとです。
最初は、こんなのどうやって組むんだよ……と思いましたが、意外となんとかなるものですね。

部品の精度としてはあまり良くないです。
主砲の砲塔がくぼみにはまらなかったり、艦橋が浮いていたり、煙突がずれていたり、と様々な障害が待ち受けています。
そんな時はヤスリでガリガリ削りましょう。
多少削りすぎてもなんとかなります。たぶん。

そして接着。
乾くまでけっこう時間がかかるみたいですねー。

分解しても嫌なので、大人しく待機します。

続く。

< 次回 : 雷鳥工廠 - 駆逐艦 島風 編 - その2 >


おまけその1 - 塗装について -
今回、塗装は筆塗りで行いました。
そして塗る時にはマスキングをしないといけないと思い込んでいました。
……じつは筆塗りってマスキングしないのが普通なの?

スプレーやエアブラシと違って、塗料が広範囲に広がるわけではないので、必要無いと言われればそんな気がします。
それにマスキングした部分にチョット段差ができているような気もします。
しかしマスキングをすれば、はみ出しを気にせずペタペタ塗れます。

うーん、どっちが正解なのだろうか……


おまけその2 - マスキングテープについて -
私はマスキングテープをホームセンターで買ってきました。
しかしコレ、なんか粘着力が弱い気がします。

綺麗に貼れないし、浮いてくる……

これは物が良くないのか、私の腕が良くないのか。
細かく切ってピンセットとかでビシっと貼るべきなのでしょうか。
それともプラモデル用のマスキングテープを買うべきなのでしょうか。

謎は深まるばかりです。


↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング
[ 2015/07/07 21:00 ] その他日記 | TB(-) | CM(6)

ついに建造開始ですね。
塗る順番はいつも悩みますね。キットによって多少変わりますし。

筆塗りの場合はマスキングは私はしませんね。
貼るのも面倒だし筆でコントロールできますし。
段差が出来るのはやっぱり塗装が厚いんでしょう。
こればかりは筆とエアブラシの差が如実に出ますから仕方ないです。
段差が気になるならエアブラシにするか、マスキングなしにするか。

ホムセンのマスキングテープはどうなんでしょうね?
多少用途が違うとは思いますが。
やはりプラモ用の方が特化している分いいのではないかと思いますよ。
100円とか安いものですし専用テープにしてみてはどうでしょう。
どちらにしてもビシっと貼ったほうが確実です(笑)
[ 2015/07/07 21:33 ] [ 編集 ]

順調ですね~

というかもう半分以上完成してますねぇw

わたしも筆塗りはマスキングテープつかってません。
多少はみでても塗り直せばいいだけですからねぇ。

とりあえず、これから取り組むであろうマストと艦載艇には注意です、説明書ではさらっと書いてますが奴らはいろいろ危険ですw


[ 2015/07/07 23:19 ] [ 編集 ]

なんというか、プラモデルっていうのは孤高な戦いですねw しかも単純に見えて難易度だったり塗装の事だったり見栄えだったり、奥が深いようです。私もいずれやってみたいと思っていたのですが、向いてなさそう+価格が高いです^^;  完成まで、少しずつ頑張ってくださいな。
[ 2015/07/08 17:27 ] [ 編集 ]

>鶴 さん
やはり筆塗りだとマスキングはしないのですね。
段差はやはり気になるので、次はマスキング無しで塗ってみます。
エアブラシは欲しいですが、やはり敷居が高いですね。
お手頃価格の物もあるようですが、あまり良くない物を買っても逆に勿体無いですよねー。

ホームセンターの物はあまり細かいマスキングをする用では無い感じです。
全然ピシっと貼れませんでした。(腕が悪いだけかもしれませんが)
プラモ専用のマスキングテープ……探してみようかな。
いざとなればamazonで買いますw
[ 2015/07/08 17:31 ] [ 編集 ]

>エル学 さん
今のところは順調ですねー。
と言いたいところですが、部品を一つなくしました。
煙突の裏に付ける棒みたいな部品なのですが、気づいた時にはありませんでしたw

やはり筆塗りだとマスキングテープ無しなのですね。
どうも細かい塗装は手がプルプルしてしまって綺麗に塗れないのです。

マストは折れそうな予感しかしませんw
艦載艇は浮かせないといけないのですよね。
どうやって組み立てようか……
[ 2015/07/08 17:37 ] [ 編集 ]

>花兜 さん
一人黙々と作り上げるのでかなり孤独ですねw
説明書に載っていること以外にもできることが沢山あるようなので、追求していったらかなり奥が深いのではないでしょうか。

お金は最初の投資が少しかかりますね。
キットとニッパーと接着剤だけで作ってみるのが一番安上がりで簡単だと思います。

もう折り返し地点は過ぎた感じなので、とにかく完成はさせたいと思います。
[ 2015/07/08 17:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。