スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プラモデルの塗料について調べてみた【メモ】

先日、ウォーターライン島風と塗料を買ってきたわけですが、塗料が適していないものだったようなので再度購入するため電気屋さんへ行きました。
その際に塗料について色々調べたのでメモしていこうと思います。

購入した塗料
前回買ってきたのはタミヤカラーエナメル塗料というやつです。
ちっこい角瓶のやつですね。

今回買ってきたのはコレ。

ラッカー塗料_Mrカラー

ラッカー(油性アクリル)塗料のMrカラーシリーズです。
なぜ今回これを買ったかと言うと、前回買ったうすめ液がMrカラーだったからです。
ですが、水性エナメル塗料にも使えるらしいので、油性でなくてもよかったですね。

塗料の種類
プラモデル用の塗料には、一般的にラッカー(油性アクリル)塗料と水性アクリル塗料とエナメル塗料の3種類があります。
各塗料の特徴を調べてみました。

ラッカー塗料
・乾燥が早い。
・塗膜が強い。
・筆ムラが出にくい。
・他の種類の塗料へ重ね塗りができない。
・くさい

水性アクリル塗料
・ラッカーに比べると乾燥が遅く塗膜も弱い。
・乾く前なら水で洗える。
・筆伸びはよいが、筆ムラが出やすい。
・ラッカー塗料、エナメル塗料の上に重ね塗りができる。
・ラッカー塗料、エナメル塗料の塗膜をほとんど溶かさないので、重ね塗りした後でもアクリル溶剤で拭き取れる。
・あまりくさくない。

エナメル塗料
・筆伸びがよく、筆ムラも出にくい。
・塗装面が非常に綺麗。
・乾燥に非常に時間がかかる。
・塗膜が弱い。
・プラスチックに浸透し、プラスチックを弱くする。
・ラッカー塗料、アクリル塗料の上に重ね塗りができる。
・ラッカー塗料、アクリル塗料の塗膜をほとんど溶かさないので、重ね塗りした後でもエナメル溶剤で拭き取れる。

塗料の選定
さて、3種類の中からどの塗料を使おうか。
各塗料ごとに色々と特徴がありますが、どういった場面に適しているのかはよく分かりませんね。
なので簡単にまとめてみます。

ラッカー塗料
・基本的にはコレ。
・下地にも、広い面にも、色々と使える。

水性アクリル塗料
・ラッカーの上に重ね塗りするならコレ。
・水でサッと洗えるので気軽に使えるかも。

エナメル塗料
・塗膜が弱いので広い面には不適切。
・スミ入れに良い。

こんな感じでしょうか。
ともかく、ラッカー塗料から入っていけばよさそうですね。

さいごに
調べる前には塗料の種類なんて知りませんでした。
とりあえずプラモデルコーナーで売っているやつを買えばいいと思っていましたし、種類が沢山あるなんて考えてもいませんでした。
しかし、塗料には色々な種類があり、色々な場面で使い分けないといけないことが分かりました。

今でこそグーグル先生に聞けば大体は教えてもらえますが、ネットの無い時代は大変だったのではないでしょうか。
(その分、町の模型屋さんとかが多くて、店員さんに直接教えてもらえたのかも?)

艦船模型と言うと、その響きと渋いイラストのパッケージだけで敬遠してしまいがちかもしれませんが、現代においては敷居は下がってきていると思います。
艦これブームも艦船模型ブームを再燃させた起爆剤になっているようで、ライトな層も流入してきているのではないでしょうか。
色々な市場が活性化するのは良いことです。

模型にはロマンがありますし、精巧に組み立てられた物はとてもカッコイイと思います。
自分で作るのは大変ですが、それだけに達成感があると思いますし、眺めるだけでも楽しそうですね。

これからも模型業界が盛り上がってくれると良いですね。

そして重雷装巡洋艦をもっと増やして下さいお願いします。


↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング
[ 2015/07/04 21:00 ] その他日記 | TB(-) | CM(2)

まずこの前の記事で間違えたことを言ってしまいすいませんでした。
何かと勘違いしてしまったようです。
エナメルは筆伸びがいいんでしたね。いやごめんなさい。

塗料一つとっても難しいですよね。
でも特性を上手く利用すると楽に塗れたりするので勉強する価値はあります。
ラッカーでもエアブラシなら重ね塗り出来るとか例外もあるし。
エアブラシまで買う提督には今まで会ったことがないですけど。

私も含め艦これのおかげで模型始める人多いのでもっと盛り上がると
嬉しいですよね。作るのは楽しいしカッコいいし。
ブログ仲間でももっと増えるといいですね。他の人の見るのは
新たな発見もあるしモチベーションにも繋がりますから。
[ 2015/07/04 23:10 ] [ 編集 ]

>鶴 さん
私が色々なサイトを見て集めた情報をざっくりまとめたものなので、間違っている可能性もあります。(これでいいのか不安)
サイトによって書いてあることとかニュアンスとかが違うので情報を集めるだけでも大変です。

塗料の特性は理解しておかないと失敗してしまいますね。
私はラッカーにラッカーを重ねて塗ってしまい(塗り間違えた)、ああ!ってなりましたw
幸いあまりにじまなかったので良かったですけど。

エアブラシはかなり敷居が高いですね。
筆と違って場所もとるし管理やメンテも大変そうですし。

模型人口、増えるといいですねー。
人が作っている物を見るのは楽しいですし、参考になります。
[ 2015/07/05 08:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。