スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大型艦建造と大井

150412_大型艦建造_大井_母港

提督「ふふ~ん♪」
  「資源っ♪資源が溜まったぞ~♪」
大井「あら提督、楽しそうですね」
提督「む、大井か」
  「いや、資源が溜まったのでつい、な」
大井「よかったじゃありませんか」
  「もうすぐ大きな作戦があるのでしょう?」
提督「そうだ、資源は備えておくに越したことはない」
  「しかしだな、まだ期間はあるし、もう備蓄量も限界近いのだ」
大井「では何かに消費するのですか?」
提督「うむ、余裕のあるうちに大型艦建造でもしておこうかと思うのだ」
大井「良いのではありませんか」
  「今資源を使いきってしまっても、作戦までにはまた溜まるでしょう?」
提督「うむ、そうだな」
  「では大井、大型艦建造をしようではないか」
大井「わかりました」
  「では適当に建造しておきますね」
提督「うむ、よろしく頼む」
大井「任せておいて下さい」
  「それでは、私は北上さんの所へ……」
提督「ちょっと待て、今から建造するのではないのか?」
大井「今からですか?北上さんもいないのに?」
提督「いや、北上も今は任務中ではないのか?」
大井「そう言われてみればそうですね」
  「では今からやってしまいましょう」
提督「うむ、それが良い」
  「成功すればきっと北上も褒めてくれるぞ」
大井「北上さんが……!?」
  「て・い・と・く!」
  「早く大型艦建造しますよ!」
提督「お、おう……」
大井「で、誰を建造すれば良いのですか!?」
  「大和ですか!?武蔵ですか!?大鳳ですか!?それともまるゆ!?」
提督「ちょっと落ち着きたまえ」
  「大和は居るから、武蔵か大鳳を狙いたいな」
  「ここは残り資源に合わせて建造しようじゃないか」
大井「分かりました!ではさっそく材料を持ってきます!」
提督「お、おう」
  「なんか急にスイッチが入ったな……」

……

大井「さぁ提督!準備は出来ましたよ!」
提督「うむ、では建造前の祈りを……」
大井「そんなことより!早く建造しましょう!」
提督「大井よ、そんなに焦らなくても大型艦建造は逃げたりしないぞ」
  「それに成功させることが肝要なのだ」
  「建造前の祈りの儀式は必須だぞ」
大井「そういうものなのですか?」
  「仕方ありません、北上さんのために祈ります!」
提督「私のためにも祈ってくれないか……」
  「まぁ良い、十分に祈ったら建造を開始するぞ!」
大井「ええ、しっかりやりましょう!」
提督「では、大型艦建造、開始ー!」

カーン……カーン……カーン……

150412_大型艦建造_山城

提督「うーむ、ダメか」
大井「チッ、なんなのよ……」
  「祈りの儀式の意味なんて全然無いじゃない……」
提督「あの、大井さん……?」
大井「あら提督、何でしょう?」
提督「いや、なんでもないです……」
大井「そうですか?」
  「さ、次の準備をしましょう!」
提督「はい……」
大井「提督、元気ありませんね?お風邪ですか?」
提督「いや、ちょっと頭痛がしただけだ」
  「気にしないでくれ」
大井「そうですか?」
  「では、次の準備をしてきますね」
提督「ああ、頼むよ」
大井「さ、準備できましたよ!」
  「さぁ、早く建造しましょう!」
  「今すぐ建造しましょう!」
提督「少し落ち着きたまえ」
  「こういう物は気合いを入れすぎてはいけないのだ」
  「北上もそう言っていたぞ」
大井「北上さんが……!?」
  「北上さんの言うことなら間違いはないわ」
  「大丈夫ですよ提督、平常心、です☆」
提督「本当だろうか……」
  「まぁ良い、次の大型艦建造、開始するぞ!」
大井「さぁ、冷たくて素敵なボーキサイト、本当の力を叩きつけてやるのよ!」

カーン……カーン……カーン……

150412_大型艦建造_龍驤

提督「やはりダメか」
北上「チッ、なんで駄目なのよ……」
  「成功してもらわないと困るよの……」
  「この資源腐ってるんじゃないの……?」
提督「あ、あの、大井さん……?」
大井「はい、なんでしょうか?」
提督「いや、なんでもないです……」
大井「おかしな提督ですね」
  「やはり何処か具合でも悪いのですか?」
提督「いや、気にしないでくれ……」
大井「そうですか?」
  「提督がそうおっしゃるなら気にしないことにしますけど」
提督「うむ、私は問題ないぞ」
大井「分かりました」
  「資源は、まだあるわね」
提督「大丈夫か……?」
  「あまり使いすぎるのも次の作戦が……」
大井「大丈夫、です☆」
  「さぁ、次の建造をしましょう!」
提督「本当だろうか……」
  「信じるからな……?」
大井「心配しないで下さい、私もそれくらいはわきまえていますよ」
提督「そうか、では次の建造の準備だ」
大井「任せてください」
  「……準備、完了しました!」
提督「よし、では大型艦建造、開始ー!」
大井「海の藻屑となりなさいな!」
提督(藻屑にしたらダメだろう……)

カーン……カーン……カーン……

150412_大型艦建造_あきつ丸

提督「おぉ、あきつ丸ではないか!」
大井「チッ、あきつ丸って誰よ……」
  「陸軍?そんなの知らないわよ……」
  「海の藻屑にしてあげようかしら……」
提督「お、大井さん……?」
大井「なに!?」
提督「藻屑にしないで頂けると嬉しいなーって……」
  「それにあきつ丸はそこそこ当たりですよ?」
大井「え?そうなのですか?」
提督「うむ、北上もあきつ丸を建造していたぞ」
大井「ほ、本当ですか!?」
  「北上さんとお揃いなんて!」
  「これは運命ね、運命に違いないわ!」
  「さっそく北上さんに知らせに行かないと!」
  「きったかっみさーん!」
  「待っていて下さいねー!」
  「いますぐ北上さんの元へ向かいますからー!」

……

提督「行ってしまった……」
  「大井はなんというか、まぁ、すごいやつだな」
  「さて、残りの資源は……」
  「確認するのが恐ろしいな……」

150412_大型艦建造_残り資源

提督「あ、あれ?」
  「普通に残っているぞ?」
  「本当にわきまえて使っていたのか」
  「大井、やはりすごいやつだ……」

こうして提督の大型艦建造は終わりを告げた。
珍しく1万以上残っている資源と共に。

武蔵、大鳳の建造には失敗したが、資源はまた回復する。
大井は北上のため、また大型艦建造に挑むだろう。
そして提督はそれを見守るのであった。

- Fin -
スポンサーサイト



↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング

大型艦建造と北上

150403_大型艦建造_北上_母港

武蔵建造確率アップ期間も終わり、穏やかな日々が続いていた。

提督「うむ、そろそろ資源もたまってきたな」
  「備蓄量を超えてしまう前に使ってしまおうか」
北上「提督ー?何してんのー?」
提督「む、北上か」
  「いや、資源が溢れそうなので大型艦建造でもしようかと思ってな」
北上「大型艦建造かー、私やったことないんだよねー」
提督「ではやってみるか?」
北上「えー、いいのー?」
  「失敗しても怒らないー?」
提督「むろんだ」
  「むしろ成功する方が珍しい」
北上「じゃーやってみよっかなー」
提督「うむ、それが良い」
  「資源を溢れさせてしまうのも勿体無いからな」
北上「よーし、じゃあ提督、資源持ってきてー」
提督「私が持ってくるのか?北上が準備してくれるのではないのか?」
北上「だって私、資源の場所とか知らないしー」
提督「仕方のないやつだ、待っておれ」

……

提督「ふぅ、こんなものか」
北上「おー、さすがにすごい量の資源だねー」
提督「うむ、大型艦と名の付くのは伊達ではないぞ」
北上「それで誰を建造すればいいのさー?」
提督「武蔵だ」
北上「えー、できっかなー」
提督「まぁ、そんなに気負わずにやってみるとよい」
北上「そうねー、気合い入れても出来ないものは出来ないよねー」
提督「北上の場合はもう少し気合いを入れても良いと思うが」
北上「じゃあ提督、大型艦建造用意ー」
提督「準備完了しました!」
  (あれ?なんか立場が逆じゃないか?)
北上「よーし、大型艦建造開始~!」

カーン……カーン……カーン……

150403_大型艦建造_扶桑

北上「だめだったねー」
  「仕方ないよねーあははー」
提督「うむ、仕方が無いが、もう少し残念がっても良いのだそ?」
北上「えー、でも仕方がないじゃん~」
提督「そうなのだが……」
  「根を詰めるのも良くないからな、それくらいが丁度良いか」
北上「そうねー、良いと思うよー」
提督「では次だな」
北上「提督ー、次も武蔵狙いでいいのー?」
提督「うーむ、ボーキサイトが余り気味だな」
  「よし、次は大鳳狙いでいこう」
北上「任せて~」
  「じゃあ大型艦建造用意ー」
提督「準備できました!」
北上「大型艦建造、開始~!」

カーン……カーン……カーン……

150403_大型艦建造_飛龍

北上「おー、飛龍じゃーん」
  「けっこうレアなんじゃないの~?」
提督「そうだな」
  「しかし残念ながら飛龍はもう我が鎮守府に居るのだ」
北上「ちぇーっ」
提督「でもなかなかの引きではないか」
北上「もちろんだよー、無心で建造してるからねー」
提督「そうか、でももうちょっと気合いを入れても良いのだそ?」
北上「だめだよー、そんなことしたら出るものも出なくなっちゃうよー」
提督「む、何故だ?」
北上「世の中はそういう風に出来ているからさー」
提督「良く分からないが、そういうものか?」
  (北上は悟りを開いているのだろうか)
北上「そうよー、提督ももうちょっと無欲にならないと駄目よー」
提督「そ、そうか、頑張るよ」
北上「よろしいー」
提督「う、うむ」
  「ともかく、次だ」
北上「そうねー、まだいけるよねー」
  「じゃあ大型艦建造用意ー」
提督「準備完了しました!」
北上「じゃー、やっちゃいましょー!」

カーン……カーン……カーン……

150403_大型艦建造_あきつ丸

北上「おー、あきつじゃーん」
提督「うむ、あきつ丸だな」
  「北上、なかなかやるではないか!」
北上「ふふーん、これが重雷装艦の実力ってやつよー」
提督「うむ、さすがだ」
  「やはりその秘訣は無心で建造することか?」
北上「もちろんさー、あ、でもさっきは違うことは考えてたかもー」
提督「何を考えていたんだ?」
北上「マンガの続き読みたいなーって」
提督「北上よ、やはりもう少しやる気を出した方が良いのではないか……」
北上「いいじゃーん、結果オーライってやつだよー」
提督「そうなのだが、何か腑に落ちないな……」
北上「気にすることないってー、それよりまだ続けるのー?」
提督「そうだな、残りの資源は……」

150403_大型艦建造_残り資材

提督「グボァ!」
北上「提督!?どったの!?」
提督「ボーキサイトが……1万を切っているではないか……」
北上「そうねー、大鳳狙いで2回も建造したからねー」
提督「しまった、資源が1万を切ると気絶する病が……」
  「あぁ、目眩がする……」
北上「提督大丈夫ー?」
  「仕方がないなー、私が介抱してあげるよー」
提督「北上、すまないな……」
北上「ほら、こっちにおいでよー」
提督「うむ……」
  「では北上、後は任せ……」
北上「私も寝よ寝よー」
  「提督ー、おやすみー」
提督「おまえも寝る……ん……かい……」ガクッ

こうして提督は眠りについた。
そしてまた北上も眠りについた。

武蔵、大鳳の建造には失敗したが、資源はまた回復する。
提督と北上はその時をのんびりと待ち、また大型艦建造に挑むだろう。

- Fin -


↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング

大型艦建造と比叡

150328_大型艦建造_比叡_母港

提督「むむむ……」

大型艦建造、武蔵建造確率アップ期間も終盤に差し掛かった。
しかし未だに武蔵がやって来る気配は無い。

比叡「司令、どうしたんですか?そんなに唸って」
提督「比叡か」
  「いや、何度大型艦建造しても武蔵が来なくてな……」
比叡「大和型ですからね、仕方ないですよ」
提督「そうなんだがなぁ……」
比叡「そんなことより司令、間宮におやつ食べに行きませんか?」
提督「駄目だ」
比叡「ちぇーっ」
提督「悩んでいても仕方ないな、比叡!大型艦建造をするぞ!」
比叡「任せてっ!」

比叡「司令、資源持ってきました!」
提督「うむ、さっそく大型艦建造を……」
比叡「よーし、全資源投入ー!」
提督「ま、待つんだ比叡!」
  「建造レシピというものがあってだな、その分量を投入しなければならぬ」
比叡「そうなんですか?全部入れた方が良さそうなのになぁ」
提督「そんな勿体無いことはできぬ、ちゃんとレシピ通りに投入するのだ」
  (そんなことをしているからカレーがアレになるんじゃなかろうか……)
比叡「はーい」

比叡「準備できました!」
提督「よし、大型艦建造、開始ー!」
比叡「気合い!入れて!行きますっ!」

カーン……カーン……カーン……

150328_大型艦建造_比叡

比叡「増えましたね」
提督「増えたな」
比叡「ぶんしんのじゅつー!」
  「ゆうたいりだつー!」
提督「はっはっは」
  「真面目にやりなさい!」
比叡「「ひぇ~」」
提督「ハモるんじゃない!」
比叡「はーい」
提督「まぁ、次だ!大型艦建造用意!」
比叡「気合い!入れて!行きますっ!」

カーン……カーン……カーン……

150328_大型艦建造_榛名

比叡「ダメでしたねー」
提督「駄目だったなー」
比叡「一旦休憩にして間宮行きましょう」
提督「駄目だ」
比叡「ちぇーっ」
提督「よし、次の大型艦建造を……」
比叡「そういえば司令」
  「噂で聞いたのですが、弾薬と鋼材を6340にすると武蔵が来るらしいですよ」
提督「ゲン担ぎというやつか」
  「ここは藁をも掴みたい……」
  「よし、それでやってみるか!」
比叡「そうしましょう、気の持ちようですよ!」
  「もう武蔵建造確率アップ期間終了前夜ですし、成功させたいですね!」
提督「そうだ!これが最後のチャンスになるだろう!」
  「むむむ……よし!行くぞっ!」
比叡「気合い!入れて!行きますっ!」

カーン……カーン……カーン……

150328_大型艦建造_霧島

比叡「気合い!入れて!いるんだけどなぁ、あれ~?あれぇ~?」
提督「そうだなー」
比叡「やっぱりダメでしたねー」
提督「そうだなー」
比叡「そんなに落ち込まないで下さいよ~」
提督「そうだなー」
比叡「仕方ないですよ、確率アップ期間が終わっても出なくなる訳じゃないですし」
提督「そうだなー」
比叡「とりあえず、間宮行きません?」
提督「駄目だ」
比叡「ちぇーっ」
提督「まぁ、仕方ないな」
  「比叡の言うとおり、出なくなる訳でもなし」
比叡「そうですよ!元気出して下さい!」
提督「そうだな、比叡を見ていると元気が湧いてくるよ」
  「比叡は良くやってくれたよ」
比叡「そんなに褒られたら照れちゃいますって」
提督「まぁ、ご褒美に間宮に行くか」
比叡「やったー!」
  「何頼んでも良いですよね!?」
提督「いいぞ、食べ過ぎてお腹壊さないようにな」
比叡「分かってますって!何食べようかな~♪」
提督「本当に比叡を見ていると元気が湧いてくるな」

……

こうして、武蔵建造確率アップ期間の大型艦建造は終了した。
しかし今一度資源を貯め、提督と比叡はまた大型艦建造に挑むだろう。

……

150328_大型艦建造_残り資源

そして今回、資源が1万を切ると気絶する病は発症しなかった、ように見えた。
しかし、間宮から帰り資源の確認をした時、提督の意識はブラックアウトしたのであった。

比叡「ひぇ~」

- Fin -


↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング

大型艦建造と榛名

150326_大型艦建造_榛名_母港

提督「うーむ……」

大型艦建造、武蔵建造確率アップ期間も折り返し地点を過ぎた。
しかし未だに武蔵がやって来る気配は無い。

提督「どうしたものか……」
榛名「提督、お悩みですか?」
提督「うむ、武蔵の件でな」
榛名「武蔵さん、なかなか来てくれませんね……」
提督「彼女は大和型だからな、そう簡単には来てくれないさ」
榛名「そうですね」
  「……」
  「提督!大型艦建造、しましょう!」
提督「む、榛名、やる気だな」
榛名「はいっ!榛名も一緒に頑張りますので!」
提督「うむ、それは心強い」
  「では、大型艦建造の準備だ!」
榛名「任せて下さい!」

提督「資源の準備は完了したかー!」
榛名「完了しました!」
提督「では、大型艦建造開始ー!」

カーン……カーン……カーン……

150326_大型艦建造_霧島

提督「ふむ、そうなるな」
榛名「提督!まだ諦めてはいけません!」
  「榛名は大丈夫です!」
提督「うむ、そうだな!」
  「ではもう一度だ!建造、開始せよー!」

カーン……カーン……カーン……

150326_大型艦建造_飛鷹

提督「ふむ」
榛名「提督……」
  「榛名が至らなくてすみません……」
提督「いや、榛名のせいではないさ」
  「まだ資源はある!」
榛名「そうですね、榛名、頑張ります!」
  「武蔵を!提督に!」
提督「その意気や良しっ!」
  「では資源、投入せよー!」

カーン……カーン……カーン……

150326_大型艦建造_山城

提督「ふむ……」
榛名「提督……」
提督「榛名、そんなに落ち込むでない」
榛名「しかし提督……もう資源が……」
提督「そんな物より榛名、君の方が大切だ」
  「だから元気を出してくれ」
榛名「提督……!」
  「はい!榛名は大丈夫です!」
提督「よし!資源はまた貯め……」

150326_大型艦建造_残り資材

提督「グフゥ!」
榛名「提督!?」
提督「大丈夫だ、いつもの資源が1万を切ると気絶する病だ……」
榛名「提督、少し休養を取られてはいかかでしょうか」
  「こちらにお布団を用意してあります」
提督「そうするよ、榛名、後のことは任せた……ぞ……」
榛名「はい!榛名にお任せください!」
  「提督のお体は榛名が守ります!」

……

榛名「やっぱり布団一組は狭いですね」
  「でも……榛名、暖かいです」

……

チュンチュン
提督「うーん……もう朝か」
榛名「提督!おはようございます!」ツヤツヤ
提督「うむ、おはよう榛名」
  (む?榛名、何か妙にツヤツヤしていないか?)
  「榛名、今日はとても輝いているな」
榛名「はい!榛名、元気いっぱいです!」
提督「何か良いことでもあったのか?」
榛名「秘密、です♪」
提督「む、そう言われると気になるぞ」
  「まぁ、榛名が元気ならそれでいいさ」
榛名「はい!榛名は大丈夫です♪」

こうして提督は資源が1万を切ると気絶する病から立ち直った。
榛名はとても満足そうに満面の笑みを浮かべていた。

今回もまた武蔵の建造には失敗したが、チャンスはまだ残されている。
そして資源を貯め、提督と榛名はまた大型艦建造に挑むだろう。

- Fin -


↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング

大型艦建造と金剛

150323_大型建造_金剛_母港

金剛「HEY!ていとっくぅ!」
提督「む、なんだ金剛?」
金剛「大型艦建造をするデース!」
提督「どうした藪から棒に」
金剛「今、武蔵建造確率アップ期間中なのデース!」
提督「なにっ!?それは本当か!?」
金剛「本当デース!」
  「今大型艦建造すればきっと武蔵が来るデース!」
提督「よし、わかった!大型艦建造をするぞ!」
金剛「さすが提督、決断が早くてステキネー!」
提督「金剛!さっそく準備だ、資材を持てー!」
金剛「了解デース!」

提督「準備はできたか金剛?」
金剛「バッチリデース、いつでもOKネー!」
提督「よし、それでは大型艦建造、開始せよー!」

カーン……カーン……カーン……

150323_大型建造_龍驤

金剛「ダーメデースネー」
提督「さすがに一発で武蔵は来ないか」
金剛「でもまだチャンスはありマース!」
提督「そうだな、大型艦建造は諦めないことこそ肝要!」
  「さぁ、もう一度だ!建造、開始せよー!」
金剛「イエース!私の実力、見せてあげるネー!」

カーン……カーン……カーン……

150323_大型建造_伊勢

金剛「ダーメデースネー……」
提督「落ち込むのはまだ早いぞ金剛!」
金剛「ていとくぅ~……」
提督「ははは、珍しく弱気じゃないか」
  「そんなことでは秘書艦は務まらないぞ?」
金剛「そうネー、私は提督の秘書艦デース!」
  「提督のために諦めないデース!」
  「提督に武蔵をプレゼンツしてあげるネー!」
提督「よし、その意気だ!さぁ、もう一度いくぞー!」
金剛「バーニング・ラーブ!」

カーン……カーン……カーン……

150323_大型建造_霧島

金剛「ダーメデーシター……」
提督「やはり一筋縄ではいかないか……」
  「仕方ないな、そう安々と出るものではない」
金剛「提督にプレゼンツできなかったネー……」
提督「まぁそう落ち込むな金剛、また資材を貯めればいいさ」
  「ん……、資材……?」

150323_大型艦建造_残り資材

提督「グハァ!」
金剛「提督ッ!?」
提督「持病の資源が1万を切ると気絶する病が……」
金剛「OH!大丈夫ネ、ゆっくり休めば治るネー」
提督「すまないな金剛、私は少し眠る」
  「その間……任せ……た……」ガクッ
金剛「提督は私の膝の上で休むネー」
  「その間に資源は回復するネー」

提督は金剛の膝の上で深い眠りについた。
金剛はとても満足そうな笑みを湛えていた。

武蔵の建造には失敗したが、資源はまた回復する。
その時を待ち、提督と金剛はまた大型艦建造に挑むだろう。

金剛「提督は寝顔もキャッコイイデース」

- Fin -


↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング

大型艦建造と霧島

150309_大型建造_霧島_母港

提督「これより、大型艦建造を行う!目標は戦艦大和及び戦艦武蔵!」
霧島「司令、さぁ任務をお申し付けください!」
提督「よしっ!では資材を持てー!」
霧島「司令!資材をお持ちしました!」
提督「よし、早速建造を開始するぞ!全資材、投入せよー!」
霧島「司令、お待ちを!」
  「私の戦況分析によりば、資源4000/6000/6000/3000、資材20が良いかと。」
  「このレシピなら装甲空母大鳳も低確率ながら同時に狙えます!」
提督「む、そうか、霧島がそう言うなら間違いないだろう!よし、そのレシピで建造だ!」
霧島「了解しました!建造デッキ、不備はないわね?チェックして。」

\不備はありません!/

霧島「さ、大型建造、開始するわよー!」

カーン……カーン……カーン……

150309_大型建造_蒼龍_圧縮2

霧島「どうして……?私の戦況分析が……」
提督「霧島っ!一度の失敗で諦めるなっ!大型艦建造は諦めないことこそ肝要!」
霧島「はっ!霧島、艦隊の頭脳と言われるように頑張りますね!」
提督「よしっ!その心がけだ!ではもう一度だ!建造、開始せよー!」

カーン……カーン……カーン……

150309_大型建造_扶桑_圧縮2

霧島「そんな馬鹿なっ!」
提督「まだだ……まだやれるぞ霧島っ!もう一度だ!」
霧島「はい司令!もう一度いきます!建造、開始するわよー!」

カーン……カーン……カーン……

150309_大型建造_日向_圧縮2

提督「くっ、駄目だったか……!」
霧島「提督……申し訳ありません……」
提督「いや、気にするな!霧島のせいでは……」

150309_大型建造_残り資材_トリミング

提督「グハァッ!」
霧島「司令!?」
提督「しまった、私は資源が1万を切ると気絶する病だった……のだ……」ガクッ
霧島「司令?……司令?気絶してます……よね?」
  「司令?司令ぇー?起きてくださーい!霧島、困りますぅ!」
  「しれぇー!……」

大和・武蔵の建造は失敗に終わったが、また次のチャンスが来るであろう。
こうして提督と霧島の日々は続いていくのであった。

- Fin -


おまけ -バレンタインと霧島-
霧島「甘さ良し、ほろ苦さ良し、妄想良し、よーし、大丈夫!」
ガチャッ
提督「霧島!入るぞ!」
霧島「ししし司令!?何の御用でしょうか!?」
提督「む?今何を隠したのだ?」
霧島「い、いえ、何でもありません!」
提督「そうか、次の作戦のことだが。」
霧島「次の作戦ですね!さ、さぁ!あちらでお話ししましょう!」
提督「む?そうだな、執務室で話そう。」
霧島(ふぅ、なんとか誤魔化せたようね……)
  (さて、どうやって渡そうかしら……)

その後、霧島は無事にチョコレートを渡すことができたとさ。


↓押すと榛名が大丈夫になります。

人気ブログランキング





アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。